本文へスキップ

大分入れ歯相談室(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科医院)

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.097−527−2455

ご予約はこちら

部分入れ歯(私の考え方)

パソコンの文字が小さく感じられる方は、
ぜひ ここをクリックして、この方法を試してみてください。


◎歯が抜けていく過程



「歯が抜けていく過程」というのは、みなさん、だいたい同じです。
奥歯1本の抜歯から始まります。
無くなった歯の両隣を削って固定性のブリッジなどをしますが、
お手入れが悪くてブリッジがダメになり、奥歯の数本が抜歯となります。
そして、かみ合わせが低くなります。
奥歯がダメになると、かみ合わせが低くなるのです。ここが重要なポイントです。)
すると、下の前歯が上の前歯を常に突き上げることになります。
(力学的に、下の前歯よりも、突き上げられる上の前歯のほうが先にダメになります。)
上の前歯がグラグラ動いて抜歯となります。

きれいな咬合1本抜けただけで歯が1本抜けただけで

(上の前歯が開いて、フレアアウトして、出っ歯になって、
アンテリアガイダンスが失われ、
側方運動時に臼歯がゆさぶられ、ジグリングして、抜歯になる・・・
という専門用語の羅列になるので、難しいこと、詳しいことは省略します。)


話を元に戻す前に、
ここで皆さんに試していただきたいことがあります。


ここでテストです

歯が揃っている人、奥歯が何本か抜けている人も含めて、上の前歯がある人は やってみてください。
上の前歯の唇側面に、直接、ご自分の人差し指を軽く当ててください。
そして奥歯でカチカチ噛んでみてください。
噛むたびに、人差し指が強く押されていると感じる人は、
上の前歯がグラグラしているということです。
このままだと、いずれ上の前歯を失うことになるかもしれません。

奥歯がなくなると上の前歯が突き上げられる

(上の前歯がほとんど動かない人は、この検査では正常です。
ガツンガツン当たっていると感じる人は、
一度、お近くの歯科医院で診てもらったほうがいいと思うのですが、
奥歯が入れ歯の場合は、突き上げても仕方がない面もあります。
正確に言うと、入れ歯ではバーティカルストップの確保が難しいので。)

文章だけでは分かりにくいですね。
動画を作りました。
ぜひ見てください。
動画とその解説のページに飛びます


話を元に戻します

ブリッジの土台となる支台歯がダメになってしまった時、
さらに広範囲のブリッジを作り直しますが、やがてその支台歯もダメになり、
設計上ブリッジを作れなくなります。
そして、部分入れ歯となります。
部分入れ歯のバネを掛けている歯がダメになり、
最後に残るのは下の前歯ということが多いです。


正しい入れ歯を作るためには、
このダメになっていった過程と逆のことをしなければなりません。
すなわち、低くなった かみ合わせを高くしたり、
延び出た歯は短くしたり、歯列から飛び出た歯は削って歯列の中に入れたり、
咬合平面を整えたり、
入れ歯の型をとる前に、しなければならないことは たくさんあるのです。
(それらを省いて急いで新しい入れ歯を作ると、やはり あまり良い入れ歯はできません。)

下の奥歯が延び出している 上の奥歯が延び出している 抜けた歯の両隣の歯が倒れている
  
↑の状態のままで、良い入れ歯が作れるでしょうか?



来院して、型をとって、すぐに入れ歯を作ることができる患者さんというのは少ないのです。
ずっと入れ歯で悩んでこられた患者さんには、やはり、それなりの原因があります。
それらを1つ1つ解決して、やっと入れ歯の型をとることができるのです、
と言いたいのがこちらの本音なのですが、
こちらも努力して、できるだけ急いで治療していくつもりです。


他の歯科医院のHPで、
「OOOOデンチャーという入れ歯を作ったら良く噛めます」とか書いていると
思いますが、
OOOOデンチャーなら良く噛めるということではなくて、
ここに書いてあるような、入れ歯を入れるための基本的な前処置をしてから、
入れ歯を作れば良く噛めますよ、というふうに受け取っていただけると幸いに思います。
「そういった前提の元で、ノンクラスプデンチャーのような柔軟な材料で作れば、
少しくらいの歯の傾き(アンダーカット)なら乗り越えて、
ビシッと収まるから良いかもしれませんね、
というくらいに受け取ってください。」


治療が長期間になる方へ、
歯がない期間をなるべく短くするために、
治療用暫間義歯(仮義歯)を作ることをお薦めします。
(なお、治療用暫間義歯は保険外となります)


小さい入れ歯を入れられない人が多い。
だって入れなくても残っている歯で噛めるのですから。
しかし、その状態を放置すると、歯が伸びだしたり、歯が傾いたりして、
いずれ大きな入れ歯を作らないといけなくなります。
小さい入れ歯を入れられなかった人は、
さらに大きい入れ歯を入れられないという悪循環に陥るのです。
(小さい入れ歯の時に、ウェルデンツなどの気持ちの良い入れ歯を作ったり、
インプラントにしたほうがいいと思います。)
小さい欠損は、やがて大きな欠損となります。
小さい欠損の時に、お金をかけたほうがいい。
見た目も大事ですが、お金をかけるなら前歯よりも奥歯にかけていただきたい、
と思っています。
だって奥歯がしっかりしていなければ、上の前歯が いずれダメになるのですよ。


歯周病のHPを作りました。ぜひ、ご覧ください。






藤原歯科外観

information店舗情報

大分 入れ歯 相談室
(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科)

〒870−0104
大分市南鶴崎1−3−13
TEL.097−527−2455
FAX.097−527−2457

診療時間
月曜日〜土曜日
(休診:日曜・祭日・土曜午後)
AM 9:00〜13:00
PM 14:00〜17:00
土曜13時まで
→アクセス