本文へスキップ

大分入れ歯相談室(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科医院)

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.097−527−2455

ご予約はこちら

 やっぱりインプラントなのか?



本音で語る インプラント


まず、専門用語の解説です。(バーティカルストップとは、
口を閉じたときに噛む力を支え、それ以上の噛み込みを防ぐ奥歯のこと。
これが全くないと、「噛んでください」と言うと、クシャおじさんになります。)



私の口の中にもインプラントが1本、入っています。
ブリッジと比較して、両隣の歯を削らなくていい、
さらにバーティカルストップの役目を果たす歯を増やすことができるという利点が
インプラントには あります。
しかし、私にとっての最大のメリットは、
(インプラントの)患者さんの気持ちが分かることです。
上部構造の形態を、あーでもない、こーでもないと、
時々修正して作り直しています。



年齢を重ねると、毎日どんなにキレイに歯を磨いても、
歯の本数は減ってきます。
(これを加齢現象と言ってしまうと、話は それで おしまいです)
私達 歯科医院が患者さんのためにしていると思い上がっていることは、
実は、歯の延命のお手伝い程度なのかもしれません。
そして多くの歯の治療は、引き算なのです。
唯一、足し算として考えられる治療は、インプラントです。
(歯を失った時、その数だけインプラントを足してあげると、
ご自分の歯の負担が減り、長持ちします。
すべての歯は、持ちつ持たれつの関係なのです。
親知らず以外の歯が、1本でも失われると、やはり少しずつ崩れてきます。)
ブリッジも、部分入れ歯も、結局は、未来への引き算なのです。
ブリッジの土台になる歯も、入れ歯のバネを掛けている歯も、
いずれ疲れて弱ってきますから。



「部分入れ歯」の項目の「歯が抜けていく過程」のところにも書いたように、
歯を残すためには、
バーティカルストップの数を確保することが重要なことです。

入れ歯はバーティカルストップとしての役目を果たすことができるか?
入れ歯が役目を果たしていることは事実ですが、
正確に答えると「バーティカルストップとして有効ではありません」
入れ歯は噛むと沈みますから。
入れ歯の下の歯茎は柔いので。

バーティカルストップが確保できるのは、
しっかりしたご自分の歯とインプラントだけです。

レストのない部分入れ歯は、良くないです。
バーティカルストップの役目が果たせるわけがありません。
だからレストのない部分入れ歯はダメなのです。クソなのです。



前歯の見た目も大事ですが、
私の本音は、「お金を掛けるのなら前歯より奥歯に」と言いたいです。

そして、歯が1本無くなった時にこそ、
ブリッジにしないでインプラントにしてほしいです。
ブリッジにするためには両隣の歯を削ることになりますから。
ブリッジの支台歯になると、歯の寿命は短くなります。これは事実です。
この土台となる支台歯がダメになってしまった時、
さらに広範囲のブリッジを作り直しますか?といっても、ここを読んでいる方は、
すでに失った歯の本数が多いのかもしれません。

多数歯欠損の場合、
第1選択肢は入れ歯になると思います。
失った歯の本数だけインプラントをすると考えると、
かなりのお金が掛かりますから。
インプラント1本分、あるいは2本分くらいの
お金を出していただければ、かなり良い入れ歯ができると思います。
(余裕のある方は、全部インプラントにしたほうがいいです)



ご自分の歯>インプラント>自費の入れ歯>保険の入れ歯

これが何のことか分かりますか?
4つのうち、1番よく噛めるのは、天然の歯、ご自分の歯です。
インプラントが良いって言っても、自分の歯のほうが良いに決まっています。
だから、歯を残しましょう。予防しましょう。
毎日の歯磨きは大事です。
でも、ご自分だけでは なかなかキレイにできません。
歯科医院を頼ってください。定期的な来院をお薦めします。





藤原歯科外観

information店舗情報

大分 入れ歯 相談室
(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科)

〒870−0104
大分市南鶴崎1−3−13
TEL.097−527−2455
FAX.097−527−2457

診療時間
月曜日〜土曜日
(休診:日曜・祭日・土曜午後)
AM 9:00〜13:00
PM 14:00〜17:00
土曜13時まで
→アクセス