本文へスキップ

大分入れ歯相談室(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科医院)

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.097−527−2455

ご予約はこちら

金属床(PD)

金属床(部分入れ歯)




スマイルデンチャーや、ミラクルデンチャー、
今やバネの見えない入れ歯が流行ってます。
その一方で、それらを全く信用していない歯科医師もいます。

部分入れ歯における私の第1選択肢は、金属床です。ぴったり入ります。

みなさんは分からなくなった時、迷った時、原点に戻ると思います。
歯科の原点になるのは、大学の教科書。
歯科大学の学生なら誰もが学ぶ部分入れ歯の作り方。
RPIシステム。
これが金属床の基本なのです。

RPIシステムとは、
1,Iバー(あるいはエーカースクラスプ)。
入れ歯の見た目が悪いと嫌われる原因の1つになっています。

2,レスト・・・これも入れ歯の基本です。
残っている歯にもたれ掛けさせて、入れ歯の沈下を防ぎます。
(レストのないノンクラスプデンチャーを見かけることがありますが、
レストのない入れ歯はクソです。
ノンクラスプデンチャーでもレストを付けるというのが大事なことです。)
レストには、いろんな形があります。
要するに、入れ歯が沈下しないような工夫を残存歯にしているかが重要なのです。

3,プロキシマルプレート
鉤歯の遠心を義歯の着脱方向に揃えて面とする。
RPI01 ← これがRPIシステムという部分



(ノンクラスプデンチャーは原則修理不可能なのですが)
金属床なら入れ歯が壊れても、当院なら可能な限り修理します。
部分入れ歯は、鉤歯(バネを掛けている歯)がグラグラして、
抜歯になるケースが少なくありません。
(修理できない場合は、新しく作り直さないといけません。)

それと、金属床の場合も含めて、私たちは、一歩先を見て入れ歯の設計を考えています。
(ノンクラスプデンチャーは原則修理不可能なのですが)
金属床の場合は、1本歯が悪くなって少なくなったとしても、
入れ歯を修理すれば使うことができるようには考えています。





金属床上 バネが見えにくい バネは それほど目立ちません

部分入れ歯というと、金属のバネが嫌だと言われる方が多いのですが、
全く見えませんとは言いませんが、あまり目立たないようにしています。

金属床下 金属床下02

この場合の入れ歯のお値段は、
上が、14万円〜(税別)。
下が、14万円〜(税別)。

もう少し入れ歯が大きくなると、16万円〜(税別)となります。

バネを目立なくすることもできますが、その場合、ミリングといって、
被せる歯に細工をする必要があります。
(別途、費用が掛かります。)


RPI02
↑これがRPIシステムだ

RPI03   RPI04

RPIクラスプとは?
近心レスト、隣接面板、Iバーの3部分から構成され、
3者が互いに協働して、支持、把持、維持の機能を効果的に発揮する。
主に、遊離端義歯症例の支台歯となる小臼歯に用いられる。

・近心レスト(mesialrest)、隣接面板(proximalplate)、 lバー(I bar)で構成。
・3つの構成要素が互いに括抗作用を有し、合理的な維持カを発揮する。




※歯周病のHPを作りました。ぜひ、ご覧ください。


藤原歯科外観

information店舗情報

大分 入れ歯 相談室
(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科)

〒870−0104
大分市南鶴崎1−3−13
TEL.097−527−2455
FAX.097−527−2457

診療時間
月曜日〜土曜日
(休診:日曜・祭日・土曜午後)
AM 9:00〜13:00
PM 14:00〜17:00
土曜13時まで
→アクセス