本文へスキップ

大分入れ歯相談室(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科医院)

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.097−527−2455

ご予約はこちら

 難症例ーすれ違い咬合とは


パソコンの文字が小さく感じられる方は、
ぜひ ここをクリックして、この方法を試してみてください。


すれ違い咬合とは


すれ違い咬合とは、上顎、下顎ともに歯は何本か残っているにも関わらず
自分の歯で噛むところがなくなってしまった状態。
たとえば、上顎は右側の歯が存在し、下顎は左側の歯のみ存在しているような状態のこと。
たくさん歯があっても、噛むところが無い状態。さらに噛みこむと歯茎を噛んでしまう。
これが、すれ違い咬合です。


言葉だけでは分かりにくいと思いますので、
1人のすれ違い咬合の患者さんの写真を載せました。
(残念ですが、患者さんの写真はNGということで、模型の写真を見てください)


すれ違い上  上顎面観
すれ違い正面 正面観・・多数歯が残っているのに咬み合う歯がない
すれ違い下  下顎面観


すれ違い咬合で困るのは、入れ歯を使用した場合、
必ず自分の歯と入れ歯の歯が噛むことになるので
色々と問題が起こってきます。

一見、「自分の歯と入れ歯の歯が噛む」ということは、
あたりまえのように思えますが、
すれ違い咬合の場合、自分の歯同士で咬み合わないので、
歯がある部分が強すぎて、噛んでいる歯茎の部分にものすごい圧力を掛けてきます。
すると、歯茎の部分が圧力に負けて、えぐれてきます。
さらに、歯が延び出してきます。悪循環です。

すれ違い咬合とは?の動画を作りました。
http://www.youtube.com/watch?v=_N-UbewozpI


すれ違い咬合の患者さんの入れ歯を作るのは、とても困難だと考えてもいい
と思います。

私が考える治療法として、
1,一番良いのは、費用的に余裕があれば、無くなった歯の部分に全部インプラントを入れる。
2,残っている歯をすべて短くして、根面板とする。(あるいは磁石入りの根面板とする)
その上に、総入れ歯形式の入れ歯を入れる。

2の治療に対しては、(歯科医師も患者さんも)賛否両論あると思います。
やりすぎではないかと。
しかし、そのような治療をしたことがある私から言わせてもらうと、
結果は良いです。
歯がある状態のままで、クラスプを掛けた入れ歯を作るよりは、
はるかに噛めると患者さんに言われます。

Aの治療の例として、1つ挙げておきます。
ウェルデンツで作った入れ歯と その解説 を載せました。
私の学会発表の時の動画です。

上は、残っている歯をすべて短くして、根面板としました。


その状態が ずっと続けばいいのですが、
歯を短くしたとしても、結局は、すれ違い咬合なので、
3〜5年単位で見ると、咬合平面が傾いていきます。

気になる人は、その時点で、また入れ歯を新しく作るという手もあります。

1と2の中間の案として、インプラントの力を少し借りるという方法があります。
1ほどインプラントの数が多くないけど、インプラントを数本だけ埋入して、
インプラントを高く立ち上げずに、低めに立ち上げて、入れ歯の下に眠らせて、
入れ歯の沈下を防ぐという方法です。
これなら、咬合平面が傾いて行くのを防ぐことができます。
正面から顔を見たときに、入れ歯が傾いて行かない、ということになります。

大変勉強になるHPとして、岩手医科歯科大のHPを挙げておきます。
http://denture.iwate-med.ac.jp/cn21/cn18/denture30.html



すれ違い一歩手前


すれ違い一歩手前 ← すれ違い一歩手前
たくさん歯が残っているように見えますが、
入れ歯を外すと、赤い丸の部分でしか噛んでいません。
この人にとって、一番大事な歯(key tooth)は、青丸の部分の歯なのです。
そこの歯がなくなると、すれ違い咬合になり、入れ歯の調子は一気に悪くなります。
しかし、悲しいかな、たぶんここら辺から、ダメになっていきます。

すれ違い咬合にならないように、ならないように、
大事な歯(key tooth)を残すことを常に考えながら、私は治療していますが・・・



すれ違い咬合の治療の方法として、1症例だけ提示しておきます。
ウェルデンツで作った入れ歯と その解説 を載せました。
私の学会発表の時の動画です。



藤原歯科外観

information店舗情報

大分 入れ歯 相談室
(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科)

〒870−0104
大分市南鶴崎1−3−13
TEL.097−527−2455
FAX.097−527−2457

診療時間
月曜日〜土曜日
(休診:日曜・祭日・土曜午後)
AM 9:00〜13:00
PM 14:00〜17:00
土曜13時まで
→アクセス