本文へスキップ

大分入れ歯相談室(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科医院)

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.097−527−2455

ご予約はこちら

入れ歯に対する私の本音




パソコンの文字が小さくて見えにくい時は、
ぜひ ここをクリックして、この方法を試してみてください。



入れ歯には 簡単な症例と 難しい症例があります。


ある患者さんが言いました。
「友達が ある歯科医院で入れ歯を作って良かったって聞いたから、
私も そこに行って作ってもらったけど噛めない」

お友達は簡単な症例で、あなたは難症例だったのかもしれません。
(難症例というのは、どこの歯科医師が治療しても難しいものです。)
歯科医師側から言わせてもらうと、難易度は、人それぞれ違うのです。
あなたとお友達は全く違うのです。


それでは、難しい症例とは?


1,すれ違い咬合。
2,下の総入れ歯で顎堤が悪い人。
3,かみ合わせが一定しない人。
4,入れ歯が上に乗る部分の歯茎を、指で押さえていった時、あらゆる部分を押さえても痛い人。

その他いろいろあるのですが、
もう一つだけ追加させてもらうと、(新しい入れ歯に対する)期待が非常に大きな人は難しいです。
総入れ歯で どんなに噛める人でも、歯が全部揃っていた頃の10分の1の力でしか噛めない、
というのが現実です。


1,すれ違い咬合。


すれ違い咬合とは、上顎、下顎ともに歯は何本か残っているにも関わらず
自分の歯で噛むところがなくなってしまった状態。
たとえば、上顎は右側の歯が存在し、下顎は左側の歯のみ存在しているような状態のこと。
たくさん歯があっても、噛むところが無い状態。さらに噛みこむと歯茎を噛んでしまう。
これが、すれ違い咬合です。

分かりやすいように、すれ違い咬合の患者さんの写真を用意しました。
(患者さんの写真はNGになったということで模型の写真に変えています)

すれ違い咬合01 正面観・・多数歯が残っているのに咬み合う歯がない

すれ違い咬合にならないように、
大事な歯(key tooth)を残すことを常に考えながら、私は治療しています。
しかし、あなたが、すでに すれ違い咬合になっているのであれば、
それは それで 仕方がありません。
簡単ではありません。いろいろ工夫が必要となってきます。

たくさん歯が残っているようであっても、
すれ違い咬合になると、難症例になるのです。

→続きは、「難症例(すれ違い咬合)」を読んでください。


2,下の総入れ歯で顎堤が悪い人。→寅さん顔は簡単なケースが多い。


患者さんの顔を見れば、この人の入れ歯を作ることが簡単なのか難しいのか、
だいたいのことは想像できます。
フーテンの寅さん(渥美清さん)のようなエラが張ってしっかりした顔つきの人だったら、
簡単な場合が多いです。
それは顎堤のボリュームが大きくて、しっかり残っている場合が多いからです。
入れ歯が安定しやすいので、良い入れ歯ができることが多いです。

顎堤・・・入れ歯の床が乗る歯茎の部分

顎堤が小さくて平坦な場合、入れ歯が動いて収まらないことが多いです。
非常に難しいです。

続きは、「総入れ歯(私の考え方)を読んでください。


3,かみ合わせが安定しない人。(中心位、中心咬合位が定まらない人)


入れ歯のかみ合わせを決める時、
奥歯のある患者さんの場合は「奥歯で噛んでください」とお願いしますが、
歯のない患者さんの場合は、「両方の奥の方で噛んでください」とお願いします。
その時、何度トライしても、噛む位置が違う人は難症例です。

このような人に、いきなり新しい入れ歯を作っても噛めません。
一度、練習用の入れ歯を作って噛めるかどうか試してみます・・・

続きは、「総入れ歯(私の考え方)」を読んでください。 


4,歯茎を指で押さえていった時、あらゆる部分を押さえても痛い人。


ある特定の部分のみが痛いのであれば、そこだけ削ればいいのですが、
あらゆる部分が痛ければ、入れ歯を乗せることはできません。
入れ歯は空中に浮いているわけではありません。
歯茎に接触しないといけないのです。

といっても、中には、入れ歯が動いて傷ができているから痛いという人もいらっしゃいます。

粘膜面に(ポリグリップのような)柔らかい材料を敷いて、
かみ合わせを調整します。
時間をおいて何度も何度も。
(この回数は、難症例になるほど多くなります。)

もともと顎堤が弱くて、硬い入れ歯に慣れていただけない方には、
最終的な入れ歯にも、柔らかい材料を裏打ちしないといけません。
(このような場合は、Kデンチャーのような軟らかいシリコーンを使ったほうがいいです。
自費になります。)

→続きは、「Kデンチャー」を読んでください。


さらに追加させてもらうと、


○新しい入れ歯ができたら、すぐに何でも噛めると思っている人。

長期の旅行に行くとき、新品の靴で出かけるでしょうか?靴を少し慣らしてからにしませんか?
入れ歯も少しずつ慣らしてください。

あるいは、義歯を義足に例えさせてもらうと、
「新しい義足を作りました。→いきなり100mを全力疾走できますか?」というふうに考えて、
少し長い目で見てください。

続きは、「新しく入れ歯を入れた方へ」を読んでください。

○歯科医院に来院したら、
すぐに新しい入れ歯の型をとって 作りはじめると思っている方

そんなに簡単ではありません。まずは残存歯の治療が先です。
(歯のない人も、現在お使いの入れ歯をよく調べて、調整などをします)

しかし治療が長期間になった場合、食べる歯がない時は、
仮義歯を作ることを考えた方がいいです。

→ 続きは、「治療用暫間義歯」を読んでください。
「仮義歯のすすめ。旧義歯改造のすすめを読んでください。



私は、新しい入れ歯の型をとる時点で、今 入っている入れ歯で噛めていないと、
新しい入れ歯になっても噛めるものではない、と思っています。

さらに、技工士の本音も読んでください。


藤原歯科外観

information店舗情報

大分 入れ歯 相談室
(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科)

〒870−0104
大分市南鶴崎1−3−13
TEL.097−527−2455
FAX.097−527−2457

診療時間
月曜日〜土曜日
(休診:日曜・祭日・土曜午後)
AM 9:00〜13:00
PM 14:00〜17:00
土曜13時まで
→アクセス